トリートメントの落し穴パート3 ピコロ美容室平岸店 行啓通り店

テレビ・ラジオ・雑誌にも紹介されました!ピコロ美容室 平岸店 行啓通り店☆高い技術とこだわり抜いた薬剤を使い髪の毛を極力痛めない自然な仕上がりを提供しています(^^)/

おはようございます!

ピコロ美容室平岸店カンタです(^^♪

 

昨日は何だか変な天気でしたね(;^ω^)

 

雨が降ったり止んだり…

 

しかも強めの雨笑

 

気温はもう秋です(^.^)

 

今回もコチラのクリック応援お願いしますm(__)m↓↓↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

カラーやパーマの前の処理剤

そうそう、前回カラーやパーマの処理剤について触れました。

前回の記事はコチラ↓↓↓

 

でも髪の毛ってカラーもパーマもでも言える事なんですが、目的の明るさまで上げる、目的の太さのカールまでもっていく、この2つって同じだけ髪に負担や影響をかけないと達成されませんm(__)m

 

なので、言い換えると金髪にするのに前処理剤を使ってからブリーチを塗布しようが、前処理剤を使わないでブリーチしようが、ダメージの度合いは一緒って事!

直径2cmのカールを出すのに前処理剤を使おうが、つかわないであろうがダメージは同じって事!

 

なので前処理剤を使ってパーマをかけるとモチが悪いなんていう話もありますよね(;^ω^)

処理剤塗った事でパーマ液の濃度が下がるから(*’▽’)

 

問題は施術の仕組みとその後のケア!

 

施術の仕組みはもう高い金額であろうが安い金額であろうが関係なしに、何の薬を使っているか!

科学的な話になるので話す気はありませんm(__)m

 

その後のケアは必ず洗い流さないトリートメントはしましょう(^^♪

まとめ

90年代初期辺りからトリートメントという文化が始まりました。

トリートメントって髪を補修するものと表現されてますよね?

そうそう、治すものではありません(^^♪

 

そして永遠に補修できるトリートメントなんていうのもありません。

 

問題は普段の美容室でどれだけダメージ無しに施術できるかって事なんです!

ここで、加点法美容室と減点法美容室の違いを考えてみましょう!

次回へ続く・・・

ピコロ美容室 平岸店

豊平区平岸3条7丁目1-29

011-842-3231

 

ピコロ美容室 行啓通り店

中央区南14条西8丁目3-10

011-531-5957

 

 

☆HPは下の画像をクリック☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました